post

着物着付けサービス

京都の町には着物が馴染みます。

着物レンタル・着付け ヘアセット付

◇さくらうるし邸 お客様お泊りの各部屋で着付け師が出張着付けします。

お好きな着物≪サイズ別≫をフロントにてお選びいただけます。

◇着物レンタルには、履物、バック、髪飾りなどのレンタル料を含みます。

◇着物をご利用のお客様には扇子、ヘアセットをご利用いただいたお客様には髪飾りのプレゼントをご用意しております。

(ほかにもレンタルの髪飾りもございます。)

≪ご利用の流れ≫ お申し込みはフロントにて承ります。予約は2日前まで。

≪当日≫ 着付け・ヘアセットをしてお出かけ

≪ご返却≫ 返却バックに入れてフロントに返却

≪営業時間≫  9時から午後1時 (火・水・木)

≪料金≫  7000円 (着物レンタル,着付,ヘアセット付き)

post

京都の桜

桜は日本を代表する花であり、多くの人に愛されている花でもあります。

「桜前線」は日本列島を北上し、京都で見ごろを迎えるのは

3月下旬から4月上旬頃です。

古都京都には他の地域と同様、多くの名所があります。

渡月橋を中心とする嵐山や清水寺、平安神宮、

哲学の道、

また仁和寺では遅咲きの「御室桜」をご覧いただけます。

桜の見頃は、その年の気温や桜の種類により異なりますので、

その時期その時期の桜をお楽しみくださいませ。

post

5月 葵祭

葵祭は、毎年5月に行われる下鴨神社と上賀茂神社の例祭です。

7月の祇園祭、10月の時代祭と並ぶ、京都三大祭の一つに数えられ、

平安時代以来、国家的な行事として行われてきたため、王朝風俗の伝統が残されています。

葵祭の神事は、5月の間中、約一か月に渡って、執り行われます。

上賀茂神社・下鴨神社にて行われる主な神事として、

1日に「競馬会足汰式」が、5日の「競馬神事」に向けて行われます。

3日には「流鏑馬神事」

4日には「斎王代女人列御禊神事」等が行われます。

15日には総勢およそ500名の行列が、京都御所を出発し、下鴨神社・上賀茂神社へと練り歩きます。

牛車や勅使、供奉者の衣冠にいたるまで葵の葉で飾られ、

平安絵巻さながらの優雅な行列やその前儀を見に、

爽やかな季節の京都へお越しください。

post

7月 祇園祭

祇園祭は毎年7月に行われる八坂神社の例祭で、

大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに挙げられます。

京都の夏の風物詩で、祭事は一ヶ月間に渡り、行われます。

平安時代に疫病退散を願った御霊会として始まったと伝えられています。

見どころの一つは、17日と24日に行われる山鉾巡行です。

「京都祇園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産に登録されています。

また、山鉾巡行直前の夜に開催される「宵山」では、

夕刻になると山鉾の駒形提灯に灯がともり、日中では味わえない趣ある雰囲気をお楽しみいただけます。

「コンチキチン」の祇園囃子が奏でられ、賑やかに活気づく京都の夜を散策されてみてはいかがでしょうか。

post

10月 時代祭

時代祭は、5月の葵祭、7月の祇園祭と並ぶ「京都三大祭」の一つで、

毎年10月22日に行われる平安神宮の大祭です。

平安神宮の創建と平安遷都1,100年を奉祝する行事として、1895年に始まりました。

各時代の衣装をまとった行列が、京都御所を出発し平安神宮までを練り歩きます。

行列は明治維新から始まり、江戸・安土桃山時代と時代をさかのぼり、

延暦まで8つの時代を、牛や馬を含む約2,000名で構成されます。

京の伝統の技をもって各時代の衣装等が細部まで再現されており、

その豪華絢爛な行列は「生きた時代絵巻」と表現されています。

 

post

京都の紅葉

京都では、11月中旬から12月初めまで、紅葉をお楽しみいただけます。

名所は多くあり、嵐山の渡月橋近辺、天龍寺

南禅寺や永観堂、哲学の道

少し足をのばせば、大原の三千院や寂光院など、見どころは多くございます。

赤、オレンジ、黄色と色とりどりの紅葉の中、散策されてみてはいかがでしょうか。