10月 鞍馬の火祭

毎年10月22日に、京都北麓にある鞍馬・由岐神社で行われる例祭で、

平安時代、祭神を京都御所から鞍馬の地に迎えた時の様子を現在に伝えるといわれています。

Lighting the Torches

各家の門口に焚かれた篝火の中を、氏子が松明を持って練り歩きながら山門を目指します。

鞍馬寺の山門前の石段に、百数十本もの松明が集まり始めると、やがて祭りは最高潮に達します。

%e7%81%ab%e7%a5%ad%e3%82%8a%ef%bc%91 %e7%81%ab%e7%a5%ad%e3%82%8a%ef%bc%96

神輿は町内を巡った後に御旅所に安置され、

深夜2時ごろ、神輿が御旅所から神社に戻る「還幸祭」が行われ、祭事は終了します。

今宮神社の「やすらい祭」、広隆寺の「牛祭」と並ぶ京都三大奇祭の一つ、

迫力ある鞍馬の火祭の見物に、京都へ是非お越しくださいませ。