6月 夏越の祓

夏越の祓(なごしのはらえ)

 

日本古来の厄払い行事である「夏越の祓」は、京都市内の多くの神社で、6月末日に行われます。

茅の輪をくぐることで、半年間の穢れを祓い清めて、無病息災を祈願する行事です。

2茅の輪くぐり 茅の輪くぐり

神社により、自分の名前を記した紙に息を吹きかけ、祓い清めてもらう場合もあります。

090630_DSC_0062_edited 070702_01

各神社によって作法や形式は異なりますが、いずれも古式に則って行われます。

また、6月の和菓子の代表である「水無月」には、三角形のういろうには暑気を払う氷、

上の小豆は悪魔祓いの意味があります。

水無月

茅の輪をくぐり、水無月を食べ、無病息災を祈願しに、6月の京都へ是非いらしてください。